スズキ レッツ4 のエンジンが掛からなくなるわけ

先週 回収してきた スズキ レッツ4 少し時間があったので見てみました。ブースターケーブルをつないでセルを回すとあっさりとエンジンかかりました。

レッツ4はキャブレターではなくインジェクションなのですが、バッテリーが完全に放電するとエンジンがかかりません。『どんなバイクでもそうだろ』いやバッテリー上がっててもキックがついてればかかるバイクは多数あります。

昔のキャブレター式はバッテリー上がってもキックでかかりました!セルが無いバイクなんかバッテリーを撤去しちゃう改造もあるくらいです。(ギア付きバイクなど)

レッツ4を始め4サイクルインジェクションが主流となっていますので

長期放置→バッテリー完全放電→不動→廃棄

ということですね (^^;

でも待ってください!1年程度の放置ならバッテリー交換だけでエンジン復活する可能性が高いです。

クルマとブースターケーブルがあれば確認もできます。バッテリーはネットで1000円台から買えますので廃棄する前に一度ご確認をお勧めいたします (^^)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です